macOSにOpenJDKをインストールする

macOSにOpenJDKを入れる方法を解説します。

まず、最新のOpenJDKをダウンロードします。この記事を書いている時点では10.0.1が最新ですのでそれをダウンロードします。ダウンロードは次のサイトから行います。

OpenJDK

ダウンロードしたファイルを次のコマンドで展開します。

$ tar xvfz openjdk-10.0.1_osx-x64_bin.tar.gz

展開すると、jdk-10.0.1.jdkというフォルダができます。これを、/Library/Java/JavaVirtualMachinesに移動します。

$ sudo mv ./jdk-10.0.1.jdk /Library/Java/JavaVirtualMachines/

java_homeコマンドで認識されているか確認します。

$ /usr/libexec/java_home  -V
Matching Java Virtual Machines (5):
    10.0.1, x86_64:	"OpenJDK 10.0.1"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-10.0.1.jdk/Contents/Home
    9.0.4, x86_64:	"Java SE 9.0.4"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-9.0.4.jdk/Contents/Home
    1.8.0_144, x86_64:	"Java SE 8"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_144.jdk/Contents/Home
    1.8.0_112, x86_64:	"Java SE 8"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_112.jdk/Contents/Home
    1.7.0_80, x86_64:	"Java SE 7"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_80.jdk/Contents/Home

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-10.0.1.jdk/Contents/Home

java_homeコマンドで使用するJavaを10.0.1に指定します。

$ export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 10.0.1`

最後に、javaコマンドでバージョンを確認して完了です。

$ java -version
openjdk version "10.0.1" 2018-04-17
OpenJDK Runtime Environment (build 10.0.1+10)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 10.0.1+10, mixed mode)

コメント