MacにJDKとAndroid Studio 3.1.4をインストール

JDKのインストール

macOSは10.13.6を使用しています。

JDKは必ず8を使います。9とか10とかはだめです。JDK 8の最新版を次のサイトからダウンロードします。

Java SE Development Kit 8 - Downloads
Download JDK 8, a development environment for building applications and components using the Java programming language.

ダウンロードしたdmgファイルを実行すると、次のようにpkgが入っていますので、それを実行します。

インストーラが起動しますが、すべてデフォルトの選択肢で良いので画面は省略します。

インストールが終わったら、好きなターミナルを開いて(特になければ、Spotlightからterminal.appを実行してください)、次のコマンドを入力します。

$ java -version
java version "1.8.0_181"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_181-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.181-b13, mixed mode)

このような感じの表示になればインストール完了です。

Android Studioのインストール

Android Studioは次のサイトからダウンロードします。

https://developer.android.com/studio/

ダウンロードしたdmgファイルを実行します。そして、普通のアプリケーションのようにAndroid StudioをApplicationsフォルダにドラッグアンドドロップすればOKです。

Android Studioを起動します。過去にインストールしたことがあれば、設定をimportします。

少し待つと、初期セットアップの画面になります。

最初の画面は特に設定項目はありません。

Install Typeでは、Customを選択します。

UIテーマは好きなものを選びましょう。

Android SDKをインストール場所を聞かれます。SDKはここにインストールされることを覚えておくといいと思います。

エミュレータの設定画面になります。使用可能なメモリの量を設定します。

確認画面になります。

Finishを押すと必要なコンポーネントのダウンロードが始まりますので、しばらく待ちます。

途中HAXMのインストールになります。

完了すると次のような画面になります。

インストール後のダウンロード

インストール後、SDK Managerを開きます。

SDKのダウンロード画面になりますので、まず「Show Package Details」をクリックします。あとは必要なイメージをダウンロードします。ここでは、8.1のイメージだけダウンロードします。

ダウンロードが終わればインストール完了です。

あとは、次の記事を参考にプロジェクトを作ったり、エミュレータを作ったりしてみてください。

Windows 10にAndroid Studio 3.1.1をインストール
Androidアプリを開発するための、Android Studioの3.1.1をインストールする手順を解説します。Android Studioのインストール次のサイトから、Android Studioのインストーラをダウンロードします。利用

コメント