IntellJ IDEAでOpenJDKを使う

IntelliJ IDEAでOpenJDKを使用する方法を解説します。

今回使用するソフトウェアのバージョンは次のとおりです。

OS
Windows 10
Java
OpenJDK 10.0.1
IntelliJ IDEA
2018.1.1

OpenJDKは次のサイトからダウンロードします。

OpenJDK

今回はWindows版のtar.gzをダウンロードします。Windowsでtar.gz形式のファイルの展開をするのは、7-Zipが簡単だと思います。tar.gzを7-Zipで2回展開すると「jdk-10.0.1」というフォルダができます。このフォルダを好きな場所においてください。今回は「C:\dev\Java\jdk-10.0.1」においたものとして説明していきます。

展開の手順は次を参考にしてください。

JDKの準備が完了したらIntelliJの準備です。IntelliJ IDEAを起動し「Create New Project」を選択します。

表示された画面で、左からJavaを選択し、「Project SDK」の右の「New」を押します。

表示された画面で、最初にインストールしたJDKを選択します。

OKで戻ると、SDKの欄に今設定したJDKが表示されます。設定が完了したところで、プロジェクトを作って確認してみます。今の画面は「Next」を押します。

次の画面も「Next」で進みます。

次はプロジェクト名とそのファイル群を置く場所を指定します。これは任意で構いません。今回はすぐ消すのでデスクトップに作成しています。

フォルダが無いよと言われますので作ります。

これでIntelliJ IDEAの画面が表示されます。

適当にクラスを作って確認します。srcフォルダを右クリックし、「New」→「Java Class」を選択します。

Nameに「HelloWorld」と入力し、OKを押します。

ソースを次のように入力します。Java 10のテストなのでvarを使ってみます。

public class HelloWorld {
    public static void main(String[] args) {
        var message = "Hello world";
        System.out.println(message);
    }
}

最後に実行して確認します。HelloWorldクラスを右クリックし、「Run HelloWorld.main()」をクリックします。

次のように表示されれば完了です。

コメント