最初からのAndroid開発 View(画面部品) No.4 Button

この記事は、最初からのAndroid開発という名前ですが、全くの初心者は対象としていません。Java言語を知っていて、Androidの入門書で簡単なアプリを作ったことがあるような人を対象としています。
この記事は、Androidの昔書いた記事のまとめの焼き直しです。

記事共通の話は次のページにまとめています。合わせてご確認ください。

最初からのAndroid開発 共通の話
最初からのAndroid開発まとめこの記事は、最初からのAndroid開発という名前ですが、全くの初心者は対象としていません。Java言語を知っていて、Androidの入門書で簡単なアプリを作ったことがあるような人を対象としています。この記

この記事の完全なソースコードは次のリポジトリのView04にあります。

webarata3/begin_Android
最初からのAndroid開発. Contribute to webarata3/begin_Android development by creating an account on GitHub.

Button

今回のプログラム

MainActivity.java

package com.example.view04;

import android.os.Bundle;
import android.widget.Toast;

import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        findViewById(R.id.button).setOnClickListener(view -> {
            Toast.makeText(MainActivity.this, "ボタンが押された", Toast.LENGTH_SHORT).show();
        });
    }
}

activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">

    <Button
        android:id="@+id/button"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="最初のボタン" />

</LinearLayout>

実行結果

ボタンを押すとToastが表示されます。

設定

ボタンは、特に設定はありません。ボタンに表示する文字をandroid:text属性に設定してください。

<Button
    android:id="@+id/button"
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:text="最初のボタン" />

今回は、ボタンが押されたときのイベントを設定しています。ボタンのイベントは次のように定義します。

findViewById(R.id.button).setOnClickListener(view -> {
    Toast.makeText(MainActivity.this, "ボタンが押された", Toast.LENGTH_SHORT).show();
});

ボタンに対して、View.OnClickListenerインターフェースを実装します。

コメント